読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊青年ワタクシ

自分へのメモと思った事、レポライターごっこをするためのもの。

恩着せがましい

小話

ある晴れた日の事。男は町を歩いていました。

久しぶりの休日、買い物を終え家に帰るとこです。

てくてく歩いていると、曲がり角から突然肌着が現れ、ドン、と男とぶつかってしまいました。

地面には男と肌着の荷物が散乱しています。

「大丈夫かい?」と問いながら男は肌着に手を差し伸べました。

すると肌着は「大丈夫です」と弱々しく答え、起き上がります。

肌着は自分の荷物を拾い上げると、足早にその場を去ろうとしていました。

肌着自身は袖がのびきっていて、だらしがない見た目です。

不審に思った男は肌着を呼び止めました。

「どうしてそんなに焦っているんだい?」

「早くいかないと、ご主人様が困ってしまうんです」

「どうゆうことだ?」

話を聞いてみると、肌着の持ち主は肌着に買った品物を持たせ、家まで運ばせているようです。

「全く話が見えない。そのご主人様は今どこにいるんだ?」

「ご主人様は多忙な方なので、先にお車に乗りお帰りになられました。私も早く帰らないとご主人様にお仕置きをされてしまいますので、これで失礼します」

「お仕置き?君のご主人様は荷物を持たせた挙句お仕置きなんてするのかい?」

「えぇ。けれどもそれは、私が無能な肌着だから悪いのです。早く帰りご主人様に着て頂かないと、ご主人様の乳首はシャツで擦れてしまいます。それに、ご主人様にこの品を届けなくてはいけません」

肌着が大事そうに持つ荷物は、大手洋服ブランドの袋でした。

男は、ご主人様の意図がなんとなくわかってきました。

「それはなんとも、おかしな話じゃないか。自分で買ったのだから、自分で持って帰ればいいものを。それに、君のような肌着の足で車に追いつくなんて無理だ。日が暮れてしまうよ。大方、君のご主人様は無理難題を押し付けているだけだろう」

肌着の顔が一瞬曇りました。

「そんなことは、ありません。ご主人様は私を必要としてくれているのです!」

「じゃあ、その袋の中を見てみなよ」

男は肌着の持つ袋をひったくると、中身を肌着に見せつけました。

それは、真っ白な新しい肌着でした。

「こんなもの、君がお払い箱って証拠じゃないか。このまま家に帰れば、君はご主人様に捨てられてしまうんだぞ。悪趣味なやつだ、古い肌着に新しい肌着を運ばせるなんて。」

肌着の表情がかたまり、じっと地面を見つめています。

「それでも私は、ご主人様にお届けしなくてはなりません」

「しなくていい、そんな事。肌着の仕事は物を運ぶことではなく、着られることだろう?物を運ぶなんてこと、飛脚に任せておけばいい。それなのに君のご主人様ときたら、そんな奴の乳首なんて擦れて赤くなってしまえばいいんだよ!」

肌着は肩を落とし、がっかりとしています。

己が信じ、仕えてきた主人に要らないものとされていた事に気づき、ショックを受けているようです。

呆然としている肌着に、男は再び問いかけました。

「よければ、僕の所に来ないか?特別裕福なわけではないが貧困ではない。君一人くらい養う事はできる」

肌着は顔を上げ、信じられない物を見るような表情で話しました。

「いいんでしょうか?私のような肌着があなたのお家にお邪魔させていただいても」

「気にするな。いつも一人で寂しかった所なんだ。すぐ近くにあるから、ついてきてくれ。」

かくして、男は肌着を家に招き入れました。肌着の新しい生活が始まるのです。

 

つづく

趣味の合わないデートの話

小話
思春期は終わらぬ。何度でも蘇る。どうも人間コンパスです。

会社の同期の女の子と仲良くなりました。
何回かご飯を食べたり出かけたりするうちに良い感じになり、今度デートをする事に。

楽しい楽しいイベントの筈ですが、ここで一つ問題が。
デートプランに映画が組み込まれているのです。彼女の希望する作品はディ◯ニーの新作。

僕の趣味じゃない、というか寧ろ苦手に近い。
◯ィズニーなら何でも駄目!観ない!という訳ではないんですが、ミュージカル調のやたらと歌うやつが苦手で。
どうにも、『歌ってないではよ話進行しろや!』とイライラしていまいがち。彼女が観たがっているものはいかにも登場人物が歌いそう。

彼女を否定する訳じゃない!デ◯ズニーを否定する訳じゃない!ディズニ◯をデートで提案する事を否定する訳じゃない!(寧ろポピュラーだと思う)

しかし、映画は、趣味の合う人同士で観に行くべきだと思うんだ!
僕は髑髏島の巨神が観たいんだ!!!というのが率直な感想です。

これはあくまで僕のワガママで10:0で僕が悪い話なのは承知です。しかし趣味の領域まで共有する必要はあるのでしょうか?

ゲームセンターで遊んでいる彼氏の横で終わるのを待っている彼女など、一緒じゃないほうが良くない???と思うデートは多々あります。

こういった考えに至るのも僕がモテない人間であるからなのかも知れませんが...

少なくとも、二人よりも一人の方が幸せに過ごせる時もあるのでは?といった話でした。

今回は以上。

赤冬

高校生というのは、夢と希望に満ち溢れた素晴らしき時期だと思う。

勉学に励むもよし、部活動に励むもよし、恋をするも良し。
なんて輝かしく素晴らしき青春の日々。

僕の高校時代はそんな青春とは程遠いものであった。
ろくに勉強する訳でもなく、部活動では功績を残すことはなかった。
一応ビームライフル部で励んではいたが、目が悪くなる一方でだんだんと難しくなり引退してしまった。
得体の知れぬ女の子に恋をし、フラれ、拗らせ、メンヘラになってしまった。

青春とは程遠い、いわば赤冬。

就職が決まった時、僕の赤冬が終わるのではと期待したが、結局今も吹雪の中を彷徨うような人生である。

新入社員、みんな同じラインからスタート、という訳ではなく、積み重ねた物や考え方が大きくズレており、未だに馴染めないでいる。

一年間働き、僕は現代社会で生きる事に向いていない人間という事が分かったワタクシです。

高校を卒業し入った今の会社は、お世辞にもマトモな神経をしているとは言えない場所で、最近転職を考えている次第です。

開かずの金庫から一生遊んで暮らせるだけの金を盗み出す訳でも、地球に迫る巨大隕石を己の身一つで砕き割り人々を救う訳でもなく、ただ毎日を生きるだけなのにこんなに辛いとは。

それはもう、僕に生きる才能がないのでは。と考える今日この頃です。

ぼんやりとこの世全ての幸せを憎んだ所で、僕のお財布が暖かくなる訳でもなく、人生にバイバイをキめるほどの過激な挨拶をする度胸もなく、溜まりに溜まっている恨み言をツラツラとTwitterにあげるだけの日々。

生産性がなさすぎる。

生きているだけでお金はかかり、お金を稼ぐには仕事をしなくてはいけない。

今の仕事が嫌で生きるのやめたい、となっては本末転倒。
という訳で転職活動を頑張ります。

そそのかされて彼女募集する話

小話
唐突に話しますが、僕はモテない訳じゃないんですよ。
もちろん女の子にではなく、ホモセクシャルの方にだけですが。

女の子は押しに弱い、などと言いますがむしろ僕は押し倒される側なのでどうにもできません。

下手な鉄砲数打ちゃ当たるとは言いますが、そもそも当たるところがない。周りは男とホモセクシャルばかり。

そんな今日この頃、こんな呟きが。
f:id:ningenkonpasu:20170116040039j:image

その手があったか!
目からウロコというか、そんな使い方していいの?!といった感じです。

己から話しかけずとも、自分の趣味嗜好を伝えられるブログでなら無理せず会話できるお相手が見つかることでしょう。

僕のブログ、Twitterは僕の内面そのものがそこにある、と言っても過言ではありません。

f:id:ningenkonpasu:20170116042059j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042123j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042141j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042201j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042214j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042303j:image
f:id:ningenkonpasu:20170116042326j:image

これ見て話しかけてくる人ってダメじゃない?

寧ろ、街中でナンパするよりも悪い気が。

結局の所、どこで何をしようが、中身が僕の時点で遅かれ早かれ破綻は来てしまうだろうという事が分かりました。それが汚点晒しまくってる場所でなら尚更。
大人しくラブプラスでヴァーチャル彼女に甘えまくります。
f:id:ningenkonpasu:20170116043041j:image

本日は以上。

ソープランドに行けなかった話

小話

人は少なからず、性的行為を欲する場合がある。平たい話がムラムラするって話。

それが男ともなると、凄まじくムラムラするのだ。多少の個人差はあるにしろ、定期的にムラムラがピークになり爆発しそうになる。

そんな場合、恋人と愛を深め合い、欲求を満たすのが一般的なのだろう。

だかしかし、僕のようなモテないキモいオタクはどうすればいいのか?

 

答えは、自慰しかないのだ。分かりやすい話がオナニー。

生産性のなさ、不毛さに虚しさを感じつつも、手っ取り早く尚且つ一人で得られる快感に溺れてしまうのだ。少なくとも僕は溺れている。

しかしそれでも満たされない場合がある。そういった場合はどうするか?

 

そのために風俗がある。僕のようなモテない唇がはれぼったい不細工のための最後の救済処置といってもいいだろう。

 

約一か月ほど前、僕の性欲は爆発寸前であった。そこで、唇のはれぼったいモテない気持悪いオタクである僕は、近所がソープランド激戦区という事もあり、風俗に行くことを決意した。

ソープランドについて簡単に説明しますと、たっかいお金を払ってお風呂に入ったらなんとびっくり!裸の女の子と鉢合わせ!といったかんじ。これ以上は説明しません。

 

ソープランドに行くにあたり、準備すべき事がいくつかあります。

 

1、行くお店と目当ての女の子を探す。

2、予約をする

3、禁欲

 

この3つである。

1、2は言わずもなが。失敗したくなければリサーチは大事。

また、意気揚々と店に行き『四時間待ちです』などど言われた日には興ざめである。

そのために必要な準備なのだか、これ自体は苦ではなく、むしろワクワクする。

 

僕にとって、3がどうしても鬼門であった。

僕は致命的なまでに禁欲ができないのだ。

 

例えばの話、皆さんがご飯を食べに行くとしよう。

焼肉でも、お寿司でも、高級中華でもなんでもいい。普段食べることのできない『御馳走』である。少しくらいなら、お腹を減らして食べに行くのではないだろうか?

 

僕はそれがどうしてもできない。

あとほんの数時間で食べれるという時に、『あ、腹減ったわ』とその場で菓子パンを食い始めてしまう。僕はそうゆう人間なのだ。

休みを迎える度に致し延期、致し延期。これの繰り返し。

そんなことを一か月以上繰り返していたら、仕事が忙しくなり致すことができなくなってしまった。もちろんソープランドに行く時間なんてのもない。

 

ここ数日間、家には風呂に入り着替えるだけ、という生活が続いていた。

その忙しさも昨日で終わり、僕の手には年末のボーナスが残っていた。

ボーナスといっても大した金額ではない、ただのあぶく銭。

 

そして致すこともなく蓄えられた精。最高のコンディション。

絶好のチャンスが巡ってきた。

 

再びソープランドに行く決意を固めた僕はウキウキ気分で仕事を終わらせた。

帰りの電車でサイトを観覧し、どこにしようか悩み、来る休日が素晴らしいものとなる事を夢見ていました。

予約こそしてはいないが、休みは平日。朝電話するなりすればなんとでもなるだろう。

 

帰宅し、風呂に入り、スマホで出勤表を物色していると、異変が起きた。

とてつもなく、ムラムラしてきたのである。

 

ここで致してしまうのはあまりにも愚行。愚かである。

しかし画面の向こうで笑う彼女らはとても魅力的に感じ、僕はそれらに欲情していたのです。

 

だがしかし、目先の感情に流されては全て水の泡。こんなチャンスいつ巡ってくるか分からないのだ。そんな事を考えていたら、既に愚息と右手はピストン運動を開始していたのだった。

溜まりに溜まり敏感になっていた愚息は、慣れ親しんだ右手の中で喜んでいるように見えました。

出してはいけないと手を放すも時すでに遅し。手を放したにも関わらず、愚息は全てを吐き出してしまっていた。

込み上がるものを飲み込む事も出来ず、蓄えをゲロっている愚息。

そんな愚息を眺め、丸出しでオイオイと泣き出す僕。

己の性欲に勝てず、ソープランドに行けず、悔しく、悲しく。

 

ただただ、泣くことしかできなかった。上も下も。

 

とまぁ、『ソープランド』というアダルトな単語を出しておきながら、中身は男子中学生のそれを対して変わらぬ下品な話になってしまいました。

でもそれだけ真剣だったんです。めっちゃくちゃ楽しみにしていたんです。

 

来年こそはソープランドに行けることを願い、今日はもう寝ます。

本日は以上。

シンゴジラを友達と4DXで見てきた話

レポート

10月も終盤。外を歩けば芳しい銀杏の香りがする季節になってまいりました。

どうも、人間コンパスです。

 

少し前の話になりますが、『君の名は』というアニメ映画が世間を騒がせましたね。その少し前に話題を呼んだ『シンゴジラ』。

特撮映画はあまり馴染みがないのですが、僕の好きなジャンルという事と『パシフィックリム』を大画面で観なかったことを未だに後悔しているので友人を誘い観てきました。

折角なので、劇場版ガールズ&パンツァー(女子高生が戦車に乗るアニメ)で好評だった『4DX』を体感してきたのですが、映画の内容含めて思うところがいくつかあったのでまとめてみたいと思います。

また、少なからず映画の内容に関わる発言があると思いますので、ご注意ください。

 

1、話が単調

僕個人の好みになってしまうのですが、悪い意味で単調だったかな?と。

簡単に言ってしまうと「ゴジラ登場→問題発生→トライ&エラー」のパターンが繰り返される感じ。

もちろん、ゴジラが現れて街を破壊する様は迫力があり大興奮だったのですが、その後にある作戦会議のシーンが長い。ナイトシアターという事もあり、意識を保って観ているのが厳しかったです。

「実際にゴジラが現れたら」と考えるとまさにその通りかな、と思うのですがもう少し話に幅が欲しかったかなぁ・・・というのが正直な所です。

 

2、ゴジラがカッコイイ

今回のゴジラは全てCGで描かれると聞いて「それってどうなのよ?」と思っていたのですが、最高です。体系は今までのゴジラシリーズからかけ離れていますが、独特のカッコ良さ、荒々しさがそこにはありました。

わがままを言うならば、もっと動いて暴れて欲しかったなぁと思います。

とても綺麗な画で荒々しいゴジラがいるのに、ゴジラ描写のない会議シーンの長さ、単調さが尚更残念でなりませんでした。

 

3、大画面で見る必要性はあったか

これこそ好き嫌い分かれるところであると思うので何とも言えませんが。

上記の通りゴジラ描写のない会議シーンがメインで描かれ、その合間にゴジラが暴れて、というものだったので、「家のテレビで観てもいいんじゃないかな・・・」と思ってしまいました。

しかし熱線を吐くゴジラを劇場のスクリーンで観る価値は大いにあると思います。ただ、全体を見るとどうなんだろ?と感じました。あくまで僕個人としての意見ですが。

 

4、そもそも4DXで観る必要性はあったのか?

観終わった帰り道に友人と感想を言い合っていたのですが、その中に『4DXのせいで集中できなかった』というものがありまして。

今更ながら『4DX』について簡単に説明しますと、映画のシーンと連動して座席が揺れたり水しぶきが飛んだりする体感型シアターの事をそう呼びます。

某ディズニーランドのアトラクションを想像していただけるとだいたいあってます。

「大画面で迫力あるゴジラを4DXで観れば面白いだろう!」という安直な考えの元料金を追加して観たのですが、そもそもその考えが間違っていたようです。

ゴジラが暴れ町が揺れるシーンが映れば座席が揺れ、ゴジラがビルをなぎ倒せば風が吹き、かと思えば、ゴジラの背中にミサイルが当たれば座席の後ろから背中を押されたりと、どの視点で体感しているか安定しないものでした。

ゴジラが暴れ始め座席が揺れた時は「おぉぉ・・・!」と感動を覚えたのですが、話が進むにつれ、ビルが倒れゴジラが爆撃されても、『とりあえず騒がしいシーンは揺らしとけ』って感じで鬱陶しさを感じてしまいました。人類側にも、ゴジラ側にも感情移入はできず。

4DX自体は迫力があり、すごい技術だと思います。総評しますと「金の無駄だった!4DXくそだわ」という訳ではなく「シンゴジラと4DXは相性良くはないんだなぁ・・・」といった感じです。

 

~全てをまとめると~

感想を読み返してみるとあまり良いことは書いていませんでしたね。

しかし「全くもって楽しめなかった!!金返せ!」という訳ではなく、面白いには面白かったです。

映画の内容にも4DXにも期待してしまい、それらが完全に空回りしてしまったのが残念なだけでした。現に僕より先に観た母はべた褒めしていたので、一つの意見として読んでいただけると幸いです。

ゴジラが町を壊す姿は胸がスカッとするものもあり、大興奮でした。それに振り回され対策を練る人間たち、という風に見ればとても良い映画だと思いました。

この記事を書いている時点でまだ公開しているか分かりませんが、やっているならご覧になることをお勧めしますが、4DXで観ることはお勧めできません。

 

不満点としてもう一つ上げるとするなら、僕らと同じ劇場で観ていた若い女の子二人組がうるさかったくらいですかね。最初から最後まで、演出で揺れるたびにギャーだのワァーだの叫んでいたので、それにもイラッとしてしまいました。「君等はジェットコースターにでも乗っているのかい?」と。映画館は絶叫するためのものじゃあないんだよ。

 

劇場は公共の場。ルールを守って楽しく鑑賞しような!

本日は以上

犬の餌を食べたら火事になった話

少し、昔の話をします。と言っても、2年もしないくらいですが。

僕の楽しみの中に、食べることがある。
殆どの人がそうなんだろうけど、僕は人一倍食べることが好きだ。

それに加え、好き嫌い無く何でも美味しく食べることができた。ピーマンや人参は好物で、甘いのも辛いのも大好き。
納豆やくさやは匂いすら愛おしいくらい。

ゲテモノまでいかなくとも、クセが強ければ強いほど好む性質があった僕は本来現代日本人が食べないであろう物を食べたがっていたのだ。

シュールストレミング(バラエティー番組で出る臭い缶詰)はもちろんのこと、ホンオフェ(エイの醗酵刺身)やキビヤック(アザラシの腹に入れて醗酵させた海鳥)など日本じゃまず食べれない物まで僕の舌は求めていた。

そんなある日、ふと『動物のエサって食べたら案外美味しいのではないか?』と思い始めた。

流石にカリカリにチャレンジする勇気は出ず、手軽(?)な犬用おやつから食べてみることにした。
f:id:ningenkonpasu:20160910034011p:image
これね

感想としては、美味しかった。僕が元々、超薄味派というのが大きいのかもしれないが、人間が食べても違和感のない味だった。(今でも食べてる)
一月か二月、冬の季節の話だった。

僕は新たなおやつの開拓成功に満足し、不思議なくらい充実した気持ちで夜眠りについた。

日付が変わった夜中、壁の向こうから聞こえる物音で僕は目が覚めた。
当時マンションに住んでいたのだが、両隣の部屋はご老人が住んでいるだけで、夜暴れるような事はない。

物音が聞こえる部屋には身寄りのないおじいちゃんが住んでいるだけだ。しかも、僕の住むマンションは不審者がロビーにたむろしたり、自転車が盗まれたり何かと物騒だった。

一瞬で嫌な考えが頭の中に広がった。もしかしたら、もしかしなくてもこの音は明らかにおかしい。何者かが老人に暴行を加えているのではないか?と。

心配する母に『様子を見てくる』と言い、竹刀を片手に恐る恐る扉を開けた。

老人の住む部屋の扉は閉ざされ、ガラスを割って入ったような形跡もなかった。
そのかわりに、オレンジ色の炎が窓を覆い尽くし、黒い煙が隙間から漏れ出していた。

初めての火事だ。焦った僕は『火事!火事!火事!』ととにかく叫んだ。
それに焦った母は携帯電話を片手に携帯電話を探していた。

僕は携帯電を手に取り、靴に足を突っ込んでマンション中走って叫んだ。異常事態に気付いた住民が次々と出てくる。
パトカーや 消防車も集まり、僕の住むマンションはてんやわんや。地元の夏祭り以上ににぎわっていた。

冬の寒空の下寝巻き姿(半袖短パン)で震えている僕の元に、テレビのリモコンを手に掛け布団にくるまった母親がやってきた。いくらなんでもテンパりすぎだろう。

その後パトカーに入れてもらい、母子火事を目の前にして凍え死ぬという事態は回避する事ができた。

火元の部屋は煤で真っ黒で、ひどい有様だった。住んでいた老人は死んでしまい、後日、焼けて死んだのではなく酸欠により意識を失い、そのまま死んでしまったと教えられた。

火事の原因はよくわかっておらず、結局今も分かっていない。

マンション全室についていた火災報知器は、煙を感知するとその部屋のみで鳴るというお粗末なもので、役割を果たしていなかった。

その他の部屋はほぼ被害がなく、挙げるとするなら煤で部屋の中が汚れてしまったことと、真隣の僕の部屋の下水パイプも溶けてしまい、しばらく銭湯通いする羽目になったくらい。


そしてその数年後、当時住んでいたマンションを出て新しい場所へと引っ越したのだが、その際何となく訳あり物件について調べてみたら、当時住んでいたマンションが曰く付きと紹介されていた。