読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊青年ワタクシ

自分へのメモと思った事、レポライターごっこをするためのもの。

失恋の傷を癒すためにウシガエルにリベンジしてきたまとめ

レポート
人間コンパスです。
定期(Suica)の更新をしたら自動券売機からPASMOが出てきた夢を見ました。よくわかりません。

本日は前回に引き続きウシガエル食べに行きます!
今回の目的地は泉の森!
下調べはばっちり済ませてあり、キャンプ場の予約も取ってあるので無駄足ということがなく安心です。

f:id:ningenkonpasu:20150730211204j:image

f:id:ningenkonpasu:20150730211220j:image

f:id:ningenkonpasu:20150730211236j:image
最寄り駅から泉の森まで緑の線が引いてあり、初めてでも地図を使う必要なし!(道に迷っていたら地元のマダムが教えてくれました)

f:id:ningenkonpasu:20150730211454j:image
歩くこと十数分、到着。


f:id:ningenkonpasu:20150730211557j:image
カエルが居る気しかしない。


f:id:ningenkonpasu:20150730211649j:image

f:id:ningenkonpasu:20150730211704j:image
もう蚊やら毛虫やら虫がめっちゃくちゃいます。泉の「森」というだけあって人間の手入れが行き届いてません。いい意味で。

f:id:ningenkonpasu:20150730211914j:image
もう景色がいい。僕の夏休み(ゲーム)の中に入ったかのような雰囲気です。
カブトムシいないかなぁと探してみたら死骸を見つけました。

魚が泳いでいたり、トンボが飛び交っていたり、普段住んでいる所では見れない光景に僕は網を振り回しおおはしゃぎしてみたのですが、どこを探してもカエルがいません。

f:id:ningenkonpasu:20150730212234j:image
ただただ小川が綺麗。

事前の下調べとして泉の森のホームページを見たのですが、今年の初めくらいの記事に載っていた、わんぱくキッズが小型犬サイズのウシガエルを抱き抱え満面の笑みを浮かべてる写真をしっかりと見たのです。

f:id:ningenkonpasu:20150730212818j:image
この広い森の中、ウシガエルが居ることはほぼ確実と言ってもいいと思います。わんぱくキッズ率いる外来種バスターズの力を持ってしても、数ヵ月でウシガエルを根絶やしに出来るとは思えません。

f:id:ningenkonpasu:20150730223911j:image
森内を歩き回り、釣りができるスポットを見つけますがカエルがいるような様子は無く、耳を済ませてもセミとカモの鳴き声と、遠くのほうで洗濯機のような音がするくらい。

ブオーと間隔を空けて聞こえる洗濯機の音。

「なにこれ?」
ウシガエルじゃない?」と友人。

少し道を戻ってみると、今度は洗濯機と船の汽笛を足して2で割ったような『ブォォォ』という音が。

音のするほうをじーっと見ていると、ウシガエルらしきものがピョンと跳び跳ね一瞬だけ姿を見ることができました。

黒い!でかい!怖い!

流石特定危険外来種に指定されてるだけあって、もう全体的に「ヤバい」雰囲気。何度聞いても、どう聞いても、生き物の鳴き声じゃない...

これを捕まえてさばいて食べようだなんてまず考えませんよね。僕は完全にビビってます。


f:id:ningenkonpasu:20150730235621j:image
疑似餌を付けた糸を垂らしてみますが、見向きもされず。網で捕まえようにもこちら側からは届かず。

池の中に入っちゃえば余裕で捕まえられそうなのですが池の底に泥が溜まっているので滑って転びそうなのと、ウシガエルに飛び付かれるのが怖いのでやめておきました。

本当ヘタれん坊。

一時間ほど粘ってみましたが、ウシガエルにいいように遊ばれ、姿を見ることもできなかったので諦めてキャンプ場に移動しました。

f:id:ningenkonpasu:20150731000712j:image
基本使用料は無料で、薪や炭など一部有料になっています。ソーシャルゲームみたい。

油断していると毛虫が降ってきます。

f:id:ningenkonpasu:20150731000855j:image
カエルは捕まえられませんでしたが他の食材は持ってきたので、今回はちゃんとお昼御飯が食べられます。

f:id:ningenkonpasu:20150731001003j:image
友人が持ってきてくれたニジマスカエルが無くても豪華なバーベキューができそうですが、どんどん本来の目的から逸れてる...

キャンプ場に設置されているかまどを使って食材を焼くのですが、僕も友人もかまどを使うのは初めて。
とりあえず、アウトドア経験者でたき火ができる友人に火おこしを任せ、ただのもやしっこの僕は食材の下ごしらえをします。


f:id:ningenkonpasu:20150731001956j:image
頼もしい後ろ姿

f:id:ningenkonpasu:20150731002014j:image
手が熱そう

友人が持ってきたライターを使ってるのですが、なかなか火がつかない。
一時間ほど頑張ってみますが、付いて消えてを繰り返すのみ...

f:id:ningenkonpasu:20150731002317j:image
二時間かけていい具合に火がついたのですが、薪に燃え移らず消えてしまいました。


f:id:ningenkonpasu:20150731002513j:image
それでも無理矢理焼いていきます。

火が弱くて玉ねぎが甘いところと辛いところがまだらに存在するような状態。ニジマスなんてどうやって調理するんだ...

キャンプ場に着いて作業開始したのが12時30分くらい。
炙った生野菜を食べ初めたのが14時くらい。
今回のカエル捕食作戦の殆どの時間は火おこしに費やされました。新品のライターを一本使いきってしまいました。

f:id:ningenkonpasu:20150731003315j:image
とりあえずニジマスも並べてみたけど焼ける気がしない

三時近くなり、まわりの家族が帰り支度をする中、まだ火おこしをする僕らを見かねた管理人のおじいちゃんが火をおこしてくださいました。

f:id:ningenkonpasu:20150731003917j:image
僕らが数時間かけてもできなかったのに、数分で火をおこして去っていくおじいちゃん。本当ありがとうございました。


f:id:ningenkonpasu:20150731004145j:image
こんなしおしおの玉ねぎでも食べたら辛かったです。

どうしてもかまどのコツを掴むことができず、折角の火を弱らせてしまい網焼きの野菜はきちんと焼くことができませんでした。


f:id:ningenkonpasu:20150731004428j:image
アルミホイルにくるんで火の近くに転がしておいた玉ねぎは殆ど火が通ってて美味しかったです。中はがっつり生で辛かったですが。

ニジマスもホイルでくるんで時間ギリギリまで蒸し焼きにすることに。火おこしに時間をかけすぎて、キャンプ場の利用時間があまり残ってません。

f:id:ningenkonpasu:20150731004738j:image
割と焼けてるけど頭と尻尾が生...

急いで片付けをしてかまどや道具を返却し、
ベンチでメインディッシュを食べたのが16時30分。とにかく火おこしに時間かかりました!

f:id:ningenkonpasu:20150731004931j:image
カエルの替わりのニジマス。カエルいらないくらいめっちゃくちゃ美味しかったです。

第二回カエル捕食作戦、ウシガエルの発見とキチンとご飯が食べれたのはいいんですが、カエルを捕まえられなかった事、火おこしが上手くいかなかった事、生の玉ねぎを食べすぎて胸が痛くなった事の3つが反省点です。

今回も目的が達成出来ず悔しいので



f:id:ningenkonpasu:20150731010139j:image

f:id:ningenkonpasu:20150731010148j:image
滑って帰ってきました。

反省点や心残りなど色々ありましたが、めーーーーっちゃくちゃ楽しかったです!
帰ってきてから少しお腹が痛いのが気になりますが、行ってよかったなと思えました。友人、管理人さんには感謝しております。

ウシガエルについては、今回の反省を生かし対策を練り装備を万全にしてまたリベンジします!
失恋の傷に関しては、火おこしをしている間ずっと相手の事を考えてしまていたので効果はありませんでした。

f:id:ningenkonpasu:20150731010729j:image
本日は以上。